にょふろぐ!?
 
にょっふんの恐ろしいまでに個人的な愚痴など。
 



生活
~説明~
生きていく様子

長くかかるものです

鼻の手術の経過ですが、いまだに荒れた状態が続いています。
いやまぁ、随分と楽にはなりました。
しかし、いまだに鼻粘膜のかさぶたがとれず、ほんのちょっと手を加えるだけで何度も出血してきます。
慢性的な鼻血状態。
そんな中、本日はK都市立病院(バレバレ)で診察を受けてきました。S鹿にいた間に病院の先生から紹介状とかは書いてもらってあったので、それを持って市バスに乗り込みます。
そのまま揺られること十五分ほど、病院の近所に着きました。
一応初診ということになりますので、一回の受付でカルテと診察券を作ってもらいます。諸手続が終わると、今度は二階の耳鼻咽喉科窓口へ。
問診票に紹介状を添えて提出してから、待つことおよそ三十分。
……眠い。やたら眠い。
今日はちょっと早起きです。病院のロビーなんて混むのがわかってますから、待ち時間を少しでも減らそうと早起きしたのです。それで眠い。
しかも、病院内は適度な温度に保たれています。空気が乾燥気味なのが問題ですが、そんなのは一度目をつぶっちゃえば関係ありません。
結局、十五分は寝てました(笑
それから中待合いで、どういった症状で診察を受けに来たのか、大まかに訊ねられます。焼灼手術の経過診察であることを言い、診察室へ。
まぁ、診察の中身は簡単なものです。普通の耳鼻科の診察。しゅしゅっと薬剤を噴霧され、鼻腔内部のゴミ(鼻糞とか鼻水)を吸い出してもらいます。
ここで、S鹿ではちょっとやってもらってなかった方法を使われました。
S鹿では、ちょっと太めな吸引機を使って鼻腔奥の大規模なゴミ(何)を強烈に吸い出してもらっていたのですが、なんとここでは……ぶっといピンセットのようなもの直接鼻水や鼻糞の塊をつまみ、強引に引っ張り抜いてもらったのです!
スペースの広い右鼻では、奥の方から塊が抜き出されていく感覚に快感さえ覚えましたが(何)、狭い左の穴では大変です。
突っ込むのも一苦労(・ω・;)
さすがに痛かったです。

あとは、普段通り薬剤吸飲だけをやって帰りでしたが、なかなか強烈な体験でした。まさかかさぶたまで強引にひっぺがすとは……いい勉強になりましたですよ(何)

次の診療は金曜日午前九時から(・ω・)



3月1日(火)20:48 | トラックバック(0) | コメント(1) | 生活 | 管理

昨日のできごとですけど、

ちょっと面白かったので、書いておきますね(笑

昨日も両親はともに出勤で、私は一人で病院へ行く準備をしていました。
時間は13時ごろ。そろそろ出かけるか、と思っていた時のことです。
突如、電話が鳴りました。といっても、私の携帯ではありません。実家の固定電話です。
その時私はまだ鼻が詰まったままで喋りづらかったのですが、他に家人もいないので、しかたなく電話口に立ちました。
私「はいもしもしT井ですが」
女「あの~すみません、そちらににょっふんさんはおられるでしょうか」
ここでにょっふん、ちょっとびっくりです。まさかいきなり私を名指しして来るとは。
たいていこういう電話は、母が取っています。で、その時の返答は決まって「うちにはそんな子はおりません」なんですけども、私はこの時、ちょっとびっくりして返答を誤ってしまいました。
私「いえ、今ちょっと外出しておりますが」(注:本人が話しています)
女「そうですか、では……(切ろうとする女)」
ここでにょっふん、ちょっと癪だったので、少しばかりすっとぼけることにしました。
私「あ、では、お名前と連絡先と御用件を教えていただけませんか? あとでこちらからかけ直させますので」(注:本人が話しています)
するとこの声の若い女、少し困りながら、あーとかうーとか呟いたあと、
女「えっと、中○といいますけど、旅行の打ち合わせのことで……」
私「はあ」
旅行!? 旅行ってなんのことだ!?
内心で笑いを堪えつつ、続けます。
私「では、お電話番号のほうは……?」
女「えっと……080-xxxx-zzzzです……」
言いやがったよこいつ!
一応、名前やら番号やらは伏字にしておきますが、この時私が内心で唖然としておりましたのは、ビビリの性分ですごめんなさいm(_ _)m
私「わかりました。ではお伝えしておきますので……」(注:本人g(略))
通話はそこで挨拶を交わして終了となりました。が……
どうやら、こういう電話をしてくる人っていうのは、つっこまれた際の対応策まで用意しているようですね。さすが、と申してはあれですが、周到なものです。

これをご覧のみなさまも、こういった怪しげな電話やら架空請求やらには、充分にお気をつけくださいましね。最近はやりのようですから(何)

鼻腔が無事開通してすっきり爽快気分のにょっふんどした(・ω・)ノ



2月22日(火)10:11 | トラックバック(0) | コメント(0) | 生活 | 管理

気付いてみれば21

どうもみなさんこんにちは。
にょっふんです(・ω・)ノ

朝起きる時に、「おめでとう」って言われました。
そんな両親も現在出勤中。私が起きる前に弟にも電話したらしいんですけどね。まめなこってす。ありがたや~(-人-)
そう、本日2月21日は、にょっふんとその弟の誕生日なのです。さあ祝え(何
だからと言って何かあるというわけでもないんですが。もっとも、友達からお祝いメールとかが来ると非常に嬉しくなっちゃうんですけども(笑
……こんなにょっふん、これでもう21歳です。ええ歳になったもんやー。20年前にはこんなになるなんて想像だにしませんでしたよ?(当り前
こんな風に、両鼻に詰め物突っ込んで鼻水垂れないようにティッシュを常に当てて髭も剃れず頭も洗えずパジャマ着て半纏を二重に着込んで冷え性で指先に息を吹きかけたりなんて、誰が思いつくもんですか(何威張り
まぁ今日には詰め物取れるからいいんですけど。

実家に帰っていると、たまに桂南光の声が懐かしく思えてきたりします(何
こう書くと、どの辺に下宿しているのかがバレバレですね……。まぁいいけど。

きっと夕方には爽快な気分(・ω・)



2月21日(月)11:06 | トラックバック(0) | コメント(5) | 生活 | 管理

ひたすらマイペースに

手術してきました。金曜日の14時から。
集合時間の13時半に間に合うように、家を出ます。
目指すは中央病院。麻酔をかける関係で運転できないので、往路からすでに運転は丸投げです。同伴者は母。
耳鼻咽喉科の受け付けに着くと、まずは麻酔らしきものを注射されます。
ナ「二本いきますね~」
私「はい~(ガクガクブルブル)」
ぷすッ……
ナ「どっちか片方が痛いらしいんですよ~」
ぷすッ……
私「うっ」
ナ「痛かったですか~?」
痛いのは確かなんですが、なぜ鈍痛なんですか?(汗
そのまま診察室へ。そこではまた麻酔を、今度は綿に染み込ませたものをいくつもいくつも両鼻に突っ込まれます。すでに呼吸しづらい状態で、手術室へ。
服を着替えさせられ、口と鼻の部分を出した状態で布を顔にかけられます。
軽くお腹が鳴りました。施術前六時間は何も口にできません。水ですらも。ですからこの時私は、朝食を八時前に摂ったっきりで、食後のコーヒーすら楽しんでおりませんでした。
心細い気持ちとは裏腹に、手術開始です。
今回使用されるのは、超音波メス。ピッピッピッピッピという動作音と共に、肉の焦げる匂いが鼻の奥に広がります。
私「うっ……」
医者(以下医)「痛い?」
私「いえ、熱いです……」
医「どのあたり? 入り口のほう?」
私「はい……」
こうやりとりはするものの、両鼻ともに詰まってますから、真っ当に発声できません。間抜けな声がこぼれるばかり。
しかも、堪え性のないことに、しばらく焼いてもらうとすぐにうめく私……。
手術終了後に、「今度はちゃんと入院してもらって全身麻酔かけて粘膜切ったほうがいいね」と言われてしまいました。

で、月曜日まではずっと両鼻に詰め物をしたままです。
激しく不愉快です。うざったいです。薬も多いし、勝手に鼻水らしきものは垂れてくるし、水ですら飲み込みにくいし、食べる時だって味はわからないし。
しゃべることですらうまくいきません。気力減退中です。
起きてるとストレスが溜まる一方なので、もうひたすら寝ています。初日は食事の時に発狂しそうになりました(何
ここまでつらいと切るのもあれだな~、などと、非常に後ろ向きな思考にとらわれております。



2月20日(日)11:11 | トラックバック(0) | コメント(0) | 生活 | 管理

にょっふんどす(・ω・)ノ

禁断の白い粉に手を染めますた。
葛湯どす。
美味しくて、葛湯状の鼻水が出ます。
にょっふんどす(・ω・)ノ

耳鼻科の先生に紹介状を書いてもらい、S鹿中央病院に行きました。
初診です。カルテを作ってもらわねばなりません。
大量のジジババが平日のロビーを埋め尽くす中、番号札を取って待ちました。
一時間後、名前が呼ばれます。
ナース(以下ナ)「T井さ~ん。T井にょっふん(仮名)さ~ん」
私「はい~」
ナ「T井さん、初めて? 前に診察受けたことありませんでした?」
私「いえ? 初めてだと思いますが」
ここでにょっふん、必死に記憶の底を浚います。ひょっとしたら、物心のつく前に一度くらい診察してもらったことがあったかもしれません。
ナ「本当に? T井T介さんじゃなくて……」
私「えっと、以前に弟が一度お世話になったことはありましたが……」
ナ「え? ひょっとして生年月日一緒の双子さん?」
ここでにょっふんの新事実。
実は双子の弟がいたのどす。
いや、知っている人はもう知ってるんですけどね……(汗
で、そのあとその看護師さんは苦笑しながら私を耳鼻咽喉科の窓口まで案内してくださいました。
頑張って治しますわさアレルギー性鼻炎。
今週金曜日には手術です。お鼻焼(何
「粘膜切除して軟骨削ったほうがメリット大きいよ♪」って言われましたが……
怖くてできないよウワァァァァァァンヽ(`Д´)ノ



2月15日(火)12:02 | トラックバック(0) | コメント(3) | 生活 | 管理


(6/8ページ)
最初 1 2 3 4 5 >6< 7 8 最後 

FX自動売買 | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック
本のバーゲン | 地震速報機 | パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪