にょふろぐ!?
 
にょっふんの恐ろしいまでに個人的な愚痴など。
 



昨日のできごとですけど、

ちょっと面白かったので、書いておきますね(笑

昨日も両親はともに出勤で、私は一人で病院へ行く準備をしていました。
時間は13時ごろ。そろそろ出かけるか、と思っていた時のことです。
突如、電話が鳴りました。といっても、私の携帯ではありません。実家の固定電話です。
その時私はまだ鼻が詰まったままで喋りづらかったのですが、他に家人もいないので、しかたなく電話口に立ちました。
私「はいもしもしT井ですが」
女「あの~すみません、そちらににょっふんさんはおられるでしょうか」
ここでにょっふん、ちょっとびっくりです。まさかいきなり私を名指しして来るとは。
たいていこういう電話は、母が取っています。で、その時の返答は決まって「うちにはそんな子はおりません」なんですけども、私はこの時、ちょっとびっくりして返答を誤ってしまいました。
私「いえ、今ちょっと外出しておりますが」(注:本人が話しています)
女「そうですか、では……(切ろうとする女)」
ここでにょっふん、ちょっと癪だったので、少しばかりすっとぼけることにしました。
私「あ、では、お名前と連絡先と御用件を教えていただけませんか? あとでこちらからかけ直させますので」(注:本人が話しています)
するとこの声の若い女、少し困りながら、あーとかうーとか呟いたあと、
女「えっと、中○といいますけど、旅行の打ち合わせのことで……」
私「はあ」
旅行!? 旅行ってなんのことだ!?
内心で笑いを堪えつつ、続けます。
私「では、お電話番号のほうは……?」
女「えっと……080-xxxx-zzzzです……」
言いやがったよこいつ!
一応、名前やら番号やらは伏字にしておきますが、この時私が内心で唖然としておりましたのは、ビビリの性分ですごめんなさいm(_ _)m
私「わかりました。ではお伝えしておきますので……」(注:本人g(略))
通話はそこで挨拶を交わして終了となりました。が……
どうやら、こういう電話をしてくる人っていうのは、つっこまれた際の対応策まで用意しているようですね。さすが、と申してはあれですが、周到なものです。

これをご覧のみなさまも、こういった怪しげな電話やら架空請求やらには、充分にお気をつけくださいましね。最近はやりのようですから(何)

鼻腔が無事開通してすっきり爽快気分のにょっふんどした(・ω・)ノ



Feb.22(Tue)10:11 | Trackback(0) | Comment(0) | 生活 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)