にょふろぐ!?
 
にょっふんの恐ろしいまでに個人的な愚痴など。
 



そして……卒論へ

タイトルは卒論なのに生活カテゴリです。
なぜかって?

風邪が治らなかった

からです。


毎晩マフラーを首に巻いて寝てましたが……乾いた咳が止まらない(・ω・;)
私は元々喘息持ちでしたから、咳をすると喉で引っかかる感じがしてゼーゼー言います。
でも今回はそれがない。

焦りました。

alooon様には「肺に行ってるかもしれないから医者で看てもらえ」と言われ、渋々ながら大学の保健センターへ。

そう、保健センターです。
日本史学のY崎先生などに体調管理のことで根掘り葉掘り嗅ぎ回り、了解を得ぬままに調べ上げ付きまとった(※一部に誇張があります)という、あの保健センターです。

行ってみました。

受付でまず、票を書きます。何書いたっけな(ぉ
そして待つことおよそ30分。

名前を呼ばれます。

さあ何と言われるか。
どきどきします。


私と対面した医者は、細面で神経質そうな、ちょびひげのオッサン。
こっちの顔をほとんど見やがりません。

まずは問診です。
いくつか、質問を浴びせられます。
なぜか、とんでもなく

棒読み

です。
こいつ本当に診察する気があるのか。

軽くムカつきますた(・ω・)b

そしてその後、喉にヘラ(※一部誤表現があります)を突っ込み、目ん玉も調べられて、オッサンの言葉を待ちました。

「今流行りの上気道の風邪だね」

……いいから人の目を見てものを言え。




肺じゃなかったからよかったけど。



12月18日(日)23:30 | トラックバック(0) | コメント(0) | 生活 | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメントはありません。


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 放射能測定器 | 家電バーゲン